産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業-鹿児島国際大学 地域力を生む自律的職業人育成プロジェクト

地域力を生む自律的職業人育成プロジェクト

トップページ   鹿児島国際大学生おススメ! 「地元で大人気!! 美味しいスイーツ」特選フェア

鹿児島国際大学生おススメ! 「地元で大人気!! 美味しいスイーツ」特選フェア

地元で大人気美味しいスイーツ特選フェア

かごしま市商工会と連携し、世間的にはあまり知られていないものの、地元の人々に評判の高いスイーツを発掘し、学生がフリーペーパーで紹介するという活動を展開しているぞ。
フリーペーパー制作では学生自らが取材・編集をして発行するんだ。
さらに今回は、学生が取材した店舗とタッグを組み、フリーペーパーの配布、紙面上で紹介をしているスィーツを販売するイベントがイオンモール鹿児島で行われるということで1日密着してきたぞ!


9-00開店前の準備

経済学部1年生尾立さん

いつもたくさんの買い物客で賑わうショッピングモールとは思えないほど、ひっそりとした中で開店前の準備が始まっていたぞ。
これから始まるイベントを楽しみたいという思いと、接客・販売という仕事に対する緊張感が入り混じった空気が伝わってくるな・・・。

フリーペーパー制作の際にインタビュアーとして取材をした経済学部1年生の尾立祐美さん。
「もともと人見知りをする性格なので、取材の時は苦労しました。お客さんと話をしたり、販売するということに苦手意識がありましたが、イベントが大盛況となるように頑張ります!」と話してくれた。
応援してるぞ!ファイト!

2013年2月17日フリーペーパー配布イベント開店前の準備


矢印


10時いよいよ開店!

2013年2月17日フリーペーパー配布イベントいよいよ開店

打合せを終え、いよいよ開店だ。
この日はイベント最終日の日曜日。
場所がショッピングモールということもあって、きっとたくさんのお客さんに来てもらえるはず。

学生たちの表情も自然と引き締まった表情になってきた。
うぅ~こっちまで緊張する。

まめじろう緊張


矢印


10時30分最初のお客さん!!

2013年2月17日フリーペーパー配布イベント最初のお客さん

まめじろうgood開店して30分。
本日最初のお客さんが来てくれたよ。

笑顔を絶やさずに丁寧に商品の説明。
そして、ご注文の確認。
うんうん、良い感じ。

早速のお客さんで緊張したか聞くと「飲食店のアルバイトで普段から接客を経験しているので楽しいです。」と話してくれたのは、国際文学部4年生の下薗美沙さん。
頼もしい・・・。
「就職先が事務関係の仕事なので接客・販売が出来るのが最後になるかもしれません。お客さんとの会話を楽しみながら接客したいです。」と今回のイベントへの思いを話してくれたぞ。

最初のお客さんにも話を聞いてみると、娘さんが高校時代に同じような活動をしていたらしく、偶然、店頭でこのイベントを見かけて寄ってくれたみたい。
娘さんの時のことを思い出しながら買い物ができたと話してくれたよ。

 

まめじろう要チェック

ん!?
ショーケースの裏に気になるメモを発見!
なるほど、お客さんに確認を取らなければならない点を貼っているんだな。

 

 

そういえば、このフリーペーパー活動のリーダーで国際文化学部1年生、福島花咲里さんが教えてくれたな。
初日はお釣りの渡し忘れなどのミスもあったけど、番号札を使った引換性にするなど工夫をしながら改善しているって。
このメモも注意喚起を促すひとつの工夫なんだな。


矢印


12時大盛況!!お客さんが絶えない!

2013年2月17日フリーペーパー配布イベント大盛況!お客さんが絶えない!

2013年2月17日フリーペーパー配布イベント大盛況

お昼時になったけど、お客さんはどんどん増えて大盛況!
学生たち、交代でお昼ごはんを取りながら頑張ってる。
この雰囲気だと、午後もまだまだお客さんに来てもらえそう。

お客さんから聞く学生に対するも評価も高くて「今回は大学のある地元のお店ということだったけど、私の住んでいる地域にも出張で来て欲しいです。」と話してくださったお客さんもいたよ。
鹿児島は温泉も豊富なので、温泉地のお土産特集といった企画をフリーペーパーでしても面白いかもと企画のアイデアも考えてくれた。
確かに面白そうだし、鹿児島県外の人にもPRできる企画だよね。まめじろう嬉しい


矢印


14時商品追加

パリジャンの川留さんとルセットの岩下さん

たくさんのお客さんで賑わい、お店の担当者さんも商品や試食の追加補充に大忙しの様子。

そんななか今回、学生たちの取材を受けたお店のひとつ、パリジャンの川留さんは学生さんの取り組む姿勢について「アルバイトと違い報酬が出ない活動ですが、積極的にそして一生懸命に取り組む姿勢は感動します。僕達、商品の作り手はやっぱり自分たちのお店や商品に愛着があって、自分のお店の商品を売りたい、買って欲しいなと思ってしまうけど、学生のみんなは5店舗合同でイベントをするなか、日によって担当する店舗が変わることもあったけど、どのお店の担当になっても全力で取り組んでいるので、一緒に仕事をするなかで逆に勉強になりました。」と語ってくださったよ。

また、学生さんへのアドバイスも話してくれた。「経験を積まないと難しいのかもしれないけど、相手の気持ちを汲み取った接客が出来るようになるともっと良いかなと思って声はかけています。例えば同じ『ありがとうございます』でも、とても忙しいなか買いに来てくれたのかもしれないと考えて、『お待たせしてすいません』の一言を添えるとか。」まめじろう気付き

 

 

また、同じく取材を受けたルセットの岩下さんには学生の取材を受けた率直な感想を聞いてみたよ。「新鮮でした。TVや新聞・雑誌の取材ってどうしても『私、取材に来ましたよ。』と構えて来る方が多いので、ものすごく緊張した様子ながら、それでも一生懸命に取材を行う姿は素敵でした。」と嬉しそう教えてくれたよ。また、今後どのような企画をしてみたいかについても聞いてみたところ「それがいちばん難しいよね」と考えながら「今回5店舗で、大学まで入れると6店舗だから、学生のみんなに『こんなスイーツが食べたいっ!』というテーマを出してもらって、そのテーマに沿って個々のお店ごとに商品を作るのも面白そうだよね」と話してくれた。

今回の活動が学生はもちろん、お店にとっても意義のある活動になっているということがひしひしと感じられる瞬間だった。


矢印


16時売上状況の確認

経済学部3年生下境田翔さん

イベントも終盤にさしかかり、売上状況も気になるところ。
イベント初日には、閉店後に集計を行ったところ金額が合わないトラブルが発生。
「初日の反省点を踏まえて、こまめに集計をとるようにしています。」と話してくれたのは、レジを担当している経済学部3年生の下境田翔さん。
注文伝票と売上を管理するパソコンを注意深く確認する視線は経営者のよう。

お客様に気持ち良く買い物してもらいたいと考えながら、一台のレジをどれだけ効率よく回せるかということに苦労していると話してくれたぞ。
当日は男子メンバーが少ないなか、大きな声でお客さんを呼び込んでいる姿が印象的だ。

残り時間もあとわずか。
慣れない環境で朝から全力で取り組んできて、疲れも出てくるころだろうけど、ラストスパートだ!キバレ~!!


矢印


18時イベント終了

3日間のイベントお疲れ様!
学生のみんなが制作を行ったフリーペーパーはイベント期間の3日間で1000部を配布したんだって!

かごしま市商工会武田さん

今回のイベントで学生とタッグを組んで活動を支えた、かごしま市商工会の武田さんは「取材から販売する商品のセレクト、そして実際の販売活動まで、そのほとんどを学生のみんなが積極的に担当してくれました。実際に運営をしてみて、細かい意思疎通(確認や連絡)がうまくいかなかった点はあったけど、必要だと思ったことはすぐに実行に移すバイタリティやレスポンスの良さは、学生ならではで感心しました。今度は鹿児島県外の百貨店で『学生オススメ!鹿児島のご当地スイーツ』といったイベントをやってみたいです。また、高校生とも地域と学生の連携を目指した活動を行なっているので、高校・大学・地域の3者が連携した活動が出来ればと考えています。今回は学生さんの取り組みやすいスイーツをテーマにしましたが、地元のお店にはその他にも良い商品やサービスがいっぱいあるので、今回のノウハウを活かしていきたいと考えています。」と本当に嬉しそう。

これからも学生と地域が繋がる魅力的な活動が期待できそう!まめじろう決意
本当に楽しみが広がるなぁ。

1日取材させてもらってすごく気持ちの良い1日だったし、良い刺激をもらった。
おいらも学生のみんなに負けずに、大きな豆の木になれるように頑張らなくっちゃ!

イベントに参加された学生の皆さん、地元店舗の皆さん、かごしま市商工会の皆さん、本当にお疲れ様でした。

2013年2月17日フリーペーパー配布イベントメンバー写真1

2013年2月17日フリーペーパー配布イベントメンバー写真2

Share on Facebook
Share on GREE
LINEで送る

鹿児島相互信用金庫×鹿児島国際大学

3日間社長のカバン持ち体験

メディア紹介

海外インターンシップについて

インターンシップの検索

メンバー専用ページログインはこちら

運営情報

よくある質問

まめじろうの自己紹介

お問い合わせについて

企業ご担当者様はこちら

学生はこちら