産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業-鹿児島国際大学 地域力を生む自律的職業人育成プロジェクト

地域力を生む自律的職業人育成プロジェクト

トップページ  イベント・セミナー情報   「鹿児島とあなたと市電プロジェクト」白くま黒豚電車の出発式が行われました。

「鹿児島とあなたと市電プロジェクト」白くま黒豚電車の出発式が行われました。

「鹿児島とあなたと市電プロジェクト」とは

白くま黒豚電車「でんでん」

就業力育成プロジェクト室では、フィールドワーク・アクションプログラムとして、学生の「やりたい!」という想いに応えるべくこの事業を今年度開始しました。
「市電プロジェクト」もこの1つでした。

白くま黒豚電車の活動では、学生たちが多くの壁にぶつかり、悩み、考え、ひらめき…という過程を繰り返していました。
このような活動と学生たちをプロジェクト室も全力でサポートをしてきました。

また、鹿児島市交通局をはじめとして、多くの企業団体の皆様のご協力と応援してくださる多くの皆様のご支援のおかげで2013年3月9日(土)より運行されることとなりました。

「白くま黒豚電車」出発式

  • 日 時:平成25年3月9日(土曜日)10時00分~
  • 場 所:鹿児島市交通局敷地内

「白くま黒豚電車」誕生までのお話

かごしままち巡り隊山本夏妃さん
かごしままち巡り隊 山本夏妃さん

「鹿児島とあなたと市電プロジェクト」は、2012年にラッピング電車を走らせたい!という私たち学生の素直な気持ちからスタートしました。

事の始まりは、鹿児島市の“かごしままち巡り推進事業”(2011年度)でした。
この事業の目的は、鹿児島市郊外のいろいろな資源を地域活性化に繋げることです。
そこで、私たちは出会いました。

私たちが考えた提案は全部で37。
心の隅で、ひとつでも叶えることができればいいのになぁとずっと願ってきました。

 

また、新しいアイデアも沸々と湧いてきました。鹿児島とあなたと市電プロジェクトミーティング
そのひとつが平川動物公園の白熊を元気づけるというプランでした。
それが“しろくま電車”でした。市電に白熊をラッピングし、市内を走らせれば、白熊応援団ができ、白熊も元気になるのでは・・・というものでした。

でも、どうしたら本当に走らせることができるのか、まったくの手探りでした。かごしまとあなたと市電プロジェクト車両デザイン案
多くの時間とエネルギーを費やしました。
そうこうしている内に、みんなは、「どうにかして電車を走らせたい!」と本気になりました。
しかも、白熊に黒豚をジョイントさせて、“白くま黒豚電車”として鹿児島の新しい魅力を発信しようとの新提案になりました。

私たちは、このプランを引っ下げて、6月に、交通局に市電1両を貸してほしいと直訴しました。
とはいえ、「走らせたい!」という想いだけでは、資金が集まりません。
この難関をクリアするためにどうしたらいいのか、日々悩み考えました。
お願いにも上がりました。
広告取りにも行きました。

かごしまとあなたと市電プロジェクト鹿児島市交通局との打合せ鹿児島とあなたと市電プロジェクト-車両デザイン打合せ

鹿児島とあなたと市電プロジェクト-PR活動鹿児島とあなたと市電プロジェクト-募金活動

ふと気づきました。
そもそも私たちは、鹿児島の多くの魅力に出会ったところからスタートしたはずだと。
この原点に戻り、これを活かすことを考えるようになりました。

「私たちが知った鹿児島の魅力を自ら発信したい!」

この願いは私たちの最も大きな強みでもあると気づきました。だんだんと、この熱い想いは、人々に届いたようです。多くの協力や賛同をいただけるようになりました。
何と1,341,024円(平成25年2月23日現在)ものお金が集まりました。
応援してやろうという輪が広がったのです。嬉しい限りです。皆さん、ありがとうございます。

鹿児島とあなたと市電プロジェクト-白くま黒豚電車出発

白くま黒豚電車は走ります。
鹿児島の魅力と人々の気持ちをのせて走ります。
是非、是非、乗って下さい。そして、つぶやいて下さい。『鹿児島っていいところだよね』と。

私たちはスタートしたばかりです。
みんなで育てていきましょう。

鹿児島とあなたと市電プロジェクト山本夏妃さん感激の涙鹿児島とあなたと市電プロジェクト川宿田さん感激の涙鹿児島とあなたと市電プロジェクト-テープカット鹿児島とあなたと市電プロジェクト-プロジェクトメンバー

鹿児島とあなたと市電プロジェクト-黒豚電車鹿児島とあなたと市電プロジェクト-車内風景1白くま黒豚電車車内公開鹿児島とあなたと市電プロジェクト-

 

Share on Facebook
Share on GREE
LINEで送る

鹿児島相互信用金庫×鹿児島国際大学

3日間社長のカバン持ち体験

メディア紹介

海外インターンシップについて

インターンシップの検索

メンバー専用ページログインはこちら

運営情報

よくある質問

まめじろうの自己紹介

お問い合わせについて

企業ご担当者様はこちら

学生はこちら